脳内再生されてしまう

 2017-02-26
ああ 一日一日が早く過ぎていく。。。
もうすぐ三月 雛祭りですね





P1060403_convert_20170223222840.jpg
綺麗なみどりの着物に袖を通した プレイフルレインドロップスのレイン♪

Blue Little Birdさんから購入しました





P1060481_convert_20170225165149.jpg
大人になってから惹かれて買った 陶器のお雛さまと一緒に





P1060387_convert_20170406002112.jpg
これからお雛さまとはまったく関係のない話なのですが。。。 





P1060438_convert_20170224102513.jpg
先日 安全地帯の「ワインレッドの心」をTVで聴く機会があって
へぇ 懐かしい曲! と思って最後まで聴き入りました





P1060389_convert_20170223222759.jpg
そしたら頭の中にすっかり居ついてしまって 
気がつけばずっと繰り返し脳内再生されるんですよ!
この曲。。。






若かりし玉置浩二さんの流し目がちょっとツラいかな 
当時はこういう雰囲気だったんですねぇ 懐かしい!






P1060425_convert_20170223222951.jpg
正直 流行ったころにはそれほどいいと思わなかったのに
というかむしろ苦手だったのが なぜ~?

今この歳になったからこそ こころに沁みるようになったということなのかしら 





P1060409_convert_20170406002144.jpg
それに淡々と流れるバックの演奏と絡んで こんなにいい曲だったのかなぁ って





P1060421_convert_20170223222935.jpg 
一人で車運転しながら鼻歌まじりに歌いたい曲かな 安全運転で♪

♪忘れそうな想い出を そっと抱いている~~~~より~♪ の
箇所が何とも言えない・・・





P1060417_convert_20170223222917.jpg
あまりじっくり聴いて来なかった歌なので こんなこと書くのほんと今さらなんですが
陽水さんの歌詞とメロディラインが上手く自然に溶け込んでますよね





P1060446_convert_20170406002205.jpg
この曲とお雛さまの内容がまったく合ってないところが 
いかにも行き当たりばったりという感じだなぁ!

しかもシティでアーバンな夜景を連想させる曲なのに 
昼間っからおかっぱなレインじゃ ねぇ 





P1060453_convert_20170224102551.jpg
今も頭の中で流れっぱなしです この曲・・・
新たに違う曲を聴いて 脳に上書きさせれば消えるみたいなのだけれど

でももうちょっと再生されていたい気分。。。






✨ ✨ ✨ ✨ ✨ ✨ ✨ ✨ ✨ ✨ ✨ ✨ ✨



ご訪問下さり そして拍手・コメントもいただいて ありがとうございます!


本当に励みになります!! ペコリ




コメント
あら、可愛いレインちゃん(*´ω`*)
彼女には若葉のようなグリーンがほんとによく似合いますねぇ。
お着物、とっても可愛いです。
う~~ん、うちの子にも誰かお着物を着せたくなったぞ・・・
(ドールコーディネートレシピの和服バージョン、買ったのに写真だけ見て
満足しております:笑)
お雛祭りですものね。
桃のお花と、お雛様とレインちゃん、素敵なディスプレイ♡

安全地帯、この曲なつかしーー!
淡々とした曲調がいかにも頭をグルグル回る系(・∀・)
それに、玉置浩二さんて業界でも知る人ぞ知る歌唱力のある人なんだそうで
(←わりと最近知りました)、あっさり歌っているようで歌詞のメッセージを
声とフレージングにのせて、聴く人に伝えるのが上手なんでしょうね♪
しかも、その伝え方がぜんぜん押しつけがましくないっていうところが
いいな~。
【2017/02/26】 | 縫い子 #- | [edit]
この時代の持つ雰囲気がなつかしいです。
若かったのに、今よりアダルトだったような・・・
ルビーの指輪とかも大人っぽかったよね。

低音部の寄せてくる波のような伴奏が
暗くてアンニュイでイカス(死語

エコーかかった歌唱やドライアイスのスモークも
あの時代だなあ・・・

脳内エンドレス
ちょっと、タイムスリップさせてもらえたよ。
さこみんさん、サンキュ
【2017/02/27】 | モノ◆ミユ #- | [edit]
レイン「眼の色を変えられると、性格も180度変わっちゃったりする…のかナ?…此の頃『アタシ=フリマちゃん気性』なンてゆー(←一寸心外な?)説が巷で喧伝されてるらしーンですけど…もしかして、お雛様がたもそんな風にお思い…?」
男雛「いーやァ、決してそのやうなコトは無いですナ。オーナー様のお目が能ーく行き届いておられるのでせう、礼儀正しく且つフレンドリィな、実に結構なご気性で在られますぞよ♪」
女雛「その上、お着物の見立てがとってもお上手でいらっしゃるわ♪御髪の色目やお眼の色味、お肌の感じに本当にピッタリなモノをこまめに探してコーディネートなさるセンスの素晴らしさ!(今や日本女性の中でも)中々そのやうなコト出来るお方は少のうございましてよ♪」
↑(某CMの所為で)「レインちゃん=フリマちゃん」なる説?がチョコチョコ囁かれているのですが、当の本人的にはどーなのか?と思って居りました処、丁度御ブログにレインちゃん登場…というタイミングだったのでこのよーな科白付けました。
レインちゃんのお着物、明るくて小粋で仰々しくなくて、この季節の「ちょいちょい着」にぴったりな纏め様ですね。自分の「分」を能く弁えている気性だからこそ出来る着こなし…女雛サンが感心するのもナルホド!と素直に思えます。
【2017/02/28】 | アイオライト #IMNtLLTg | [edit]
縫い子 さま

家を空けておりました。コメ遅くなりすみませんm(__)m
うちのキツいレインも柔らかい表情少しは見せてくれたかな?

和のDCRも京都の長楽館での撮影がとってもレトロで、
写真集のように見せてくれますよね~
特にビオラ柄のお着物が好きで、こういう柄どこかにないかしら。
帯の効果的な合わせ方とかヘアアレンジとかすごく参考になるし
大好きな本なのだけど、
おくみが省略されているのが実に惜しいですね!
その分縫い目を入れて割ればいいんでしょうけど、
おくみがない着物って見ていて何だかのっぺらぼうに見えてしまう・・・
イタリアの生地でモダーンなお着物見てみたいですよ♡

いやぁ、おっしゃるとおりこの人ってホントに上手いですよね(◎_◎;)
フレーズと歌詞の乗せ方が最高!
グルグルしちゃいますよね~わかってもらえて嬉しいです♪
割と最近の歌も変わりなく声出てるのに、あまり活躍されてなくて勿体ないなぁ!
こういう大人の歌聴きたい年頃なので、もっと歌って欲しいです!
【2017/03/02】 | さこみん #1PZm9NyU | [edit]
モノ◆ミユ さま

コメ遅くなりました~m(__)m

人生ここまで歩んでくると、ふと振り返りたくなるものなんですかね~
決して昔の方がよかった、なんて思わないけど、
スマホやPCがなかった分かえって余裕があったように思えたりして。

男子はまるでサムライの裃のよーな肩パッドのスーツ着て、
ブランドものにこだわりお金を使ってたあの頃・・・

寺尾聡も超売れっ子だったよね( ゚Д゚)
大瀧詠一の「さらばシベリア鉄道」とかね♪
村下孝蔵の「踊り子」もよく聴いたし。。。
その中でも角松敏生は私のプリンスだったな。
すっごく豪華なバブルサウンドだったように思う~
今聴くと恥ずかしくなるくらい(;´Д`)

改めて聴こうとは思わないけど、ひょんな事で出会ってしまったワインレッド。
まだまだ埋もれてて心をくすぐられる曲ありそーですね♪
【2017/03/03】 | さこみん #1PZm9NyU | [edit]
アイオライト さま

コメ遅くなりました~m(__)m

ブライス界にセンセーショナルな風を吹き込んだ「フリマちゃん」!
主人なんか「うちにいるブライスがCMに出てたよ!!」って
嬉しそーに喋る始末(笑)
「うちにいる子だよねぇ。」って言うから「う・うん」
レインは定価で買ったからいいけど、あまり名前覚えられて欲しくないのよね・・・

このお着物は鳥が飛んでいて勝手にツバメかな?って思ってるんだけど、
まぁ季節先取りで爽やかな雰囲気ですよね~
半襟、帯揚げ、帯もちゃんと作家さんのコーディネートだからラクですよ♪
嬉しいお褒めのお言葉、作家さんに代わって有り難く頂戴しちゃおうっと(^_-)-☆
くしゅくしゅボブのレインに合わせるとレトロポップ感出たでしょうか~?

フリマちゃんは整形された顔と、あの黄色のコートによく合って
可愛かったなぁ。
限定はもったいなかった、もっと続けて欲しかったCMですよね!
それにしてもフリマアプリのCMにブライスを出すとは、
なかなか言い得て妙、ナイス選択\(^o^)/

これを機会にもっと世に知られるとよいのだけれど、
あまり知られて人気が出るといろいろ支障が出る、という矛盾。。。
ファンの気持ちはフクザツなのだ(;・∀・)
【2017/03/03】 | さこみん #1PZm9NyU | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://sakosays.blog.fc2.com/tb.php/136-15172195
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫