スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

山岸凉子原画展

 2016-12-06
少女漫画の「アラベスク」は わたしにとってバイブル的存在です♡
その作者である山岸凉子先生の原画展が開かれているので行ってきました

もう10月の話ではあるんですが・・・備忘録として書いておこうと思います!





2016_10_15_002_convert_20161206001217.jpg
本郷の東京大学東側にある弥生美術館で開催されています

期間は12月25日までですね





2016_10_15_001_convert_20161206001142.jpg
館内で唯一の撮影スポット 「日出処の天子」厩戸王子まえにて





P1040397_convert_20161206172741.jpg
もうね今まで何回読んだ事か!
今までの常識を覆すような(?)聖徳太子の少年時代の物語ではあるけれど 
周りの登場人物がそれはとても魅力的で 半年に1回は読み返したくなるんですよ





P1040398_convert_20161206172807.jpg
「アラベスク」は1番最初に出会った作品で 当時小学生高学年でしたねー
とは言ってもリアルタイムではなく あとで単行本になってから読み始めたクチですが

まだソビエト連邦時代だったころのレニングラード(サンクトペテルブルク)
が舞台でした





IMG_5248_convert_20161207122408.jpg
ーアラベスク(第2部) 「花とゆめ」1975年17号ー

バレエ漫画なんだけどわたしはこれでいろいろな演目があることを知ったし
今みたいにサッとバレエ鑑賞できる環境ではなかったから
アタマの中の想像でこういう踊りなんだろうなぁ・・・ って思い浮かべながら
読み耽ってました!





IMG_5258_convert_20161209084439.jpg
ーアラベスク 「りぼん」1972年7月号ー

今なら劇場に足を運ばなくてもネットやDVDでいくらでも見られますしね♪
いい時代になったものです





P1040416_convert_20161206172908.jpg
あまり登場しないチェックイットアウト
やっぱり黒髪さんなのでお着物を着せると顔がイキイキするようですねー
10月に撮ったのでコウモリ柄のお着物を♪

こちらはBlue Little Birdさんで買わせていただきました
とても丁寧にお仕立てしてあり好きなショップさんなんですよ





2016_10_15_003_convert_20161206001302.jpg
弥生美術館で漫画の生原稿や挿し絵など 彩色豊かな原画を堪能したあとに
東大構内を通って西側へ向かいました
堂々の安田講堂が見えますね





2016_10_15_004_convert_20161206001343.jpg
趣ある校舎・・・歴史ある古い建造物はこれからも残り続けて欲しいです
中の設備は古くて大変だろうけど





2016_10_15_006_convert_20161206001404.jpg
緑が多くていいですよねー
終わりだとおもうけど 今ならイチョウの黄色がキレイかもしれませんね
もう散っちゃってるかな





2016_10_15_010_convert_20161206001444.jpg
正門前にある喫茶ルオーでお昼をいただきました





2016_10_15_007_convert_20161206001427.jpg
こちらの名物はセイロン風カレー
ほかにもハシゴしたいので小盛りで♡





2016_10_15_008_convert_20161206001507.jpg
ちょうどお客さんが切れたので外の眺めを・・・
落ちつく好きな場所です





P1040418_convert_20161206172930.jpg
山岸凉子さんの作風はちょっとクセがあり好きな方はハマってると思うんですが・・・
画集買っちゃいました♪

「わたしの人形はよい人形」などのホラーがかった作品は 本当に怖くて
うちには持ってこられず実家の段ボールに眠ったままになってるんですよ!
こう心臓に突き刺さる戦慄を覚えてしまって 十何年読んでません 

でも「アラベスク」「テレプシコーラ」などのバレエ漫画のように 
淡々としてるけど奥の深い人間描写などほんとうに上手くて
これからもたまに読み返したくなる作品ですね!

「テレプ・・」の六花ちゃんには多いにハラハラさせられたけど
<過緊張>の件(くだり)はなるほど!と参考になった部分もたくさんありました





IMG_5247_convert_20161207122331.jpg
ー常世長鳴鳥 「グレープフルーツ」1985年21号 扉ー





IMG_5249_convert_20161209081420.jpg
ー妖精王 「花とゆめ」1977年18号 扉ー





IMG_5268_convert_20161209091633.jpg
ー妖精王 「花とゆめ」1977年13号 扉ー





IMG_5262_convert_20161209090133.jpg
ークリスマス 「プリンセス」(秋田書店) 1976年1月号 扉ー

原画はなかなか見られるチャンスはないと思うので お近くで 
山岸先生がお好きな方はいかがでしょうかーー☆






✨ ✨ ✨ ✨ ✨ ✨ ✨ ✨ ✨ ✨ ✨ ✨ ✨



ご訪問下さり そして拍手・コメントもいただいて ありがとうございます!


本当に励みになります!! ペコリ




コメント
ふんぎゃあ!
さこみんさん、素敵な記事ありがとです。

原画展行かれたんですね。
私は別冊太陽見てガマンしてますよ。
行きたいなあ・・・
クリスマスまでやってるんですね。
厩戸王子ですもんね

「私の人形は良い人形」はわたしもトラウマです。
再読できない怖さでした。
ブライスなら怖くないよ?

厩戸王子・・・・
「めざといのも災いの元」とかやりませんでした?

近頃、羽生 結弦くん見ると
厩戸王子みたいな衣装で滑ってくれないかなあと思ったりしてます。
化粧もしてね!

【2016/12/06】 | モノ◆ミユ #gG9pNGfs | [edit]
モノ◆ミユ  さま

むーーん♡こちらこそコメントありがとうございます♪

そうそう別冊太陽!さっき読み返してたら、
先生のお顔って厩戸王子にすごい似てるんだなって驚きました。
だっていつもまん丸目の顔で自分のこと描くんだもん。
仕事場の様子とか調度品とか丁寧に載ってたんですね。
きぇぇー、例の市松さんもしっかり存在してるし( ゚Д゚)
うんうん、ブライスならオマヌケなところありで安心よね~(*^^*)

原画展はほかの作品全部ひっくるめての展示だから、「日出処・・」の絵は
それほど多くなかった気がしますよ~
もし王子お目当てだったら拍子抜けしてしまうかも、です。

王子の眼キラーーンはコワイですよね・・・
その点、来目王子の兜を脱いでパフン。。は可愛かったなぁ。
調子麻呂のような癒しキャラもいるし、だからやめられないのかな(笑

「常世長鳴鳥」読んだ事ありますか~?
帯の結び方をたくさん紹介してくれて、
実際キモノは着ないにしても勉強になりますよね。

羽生くんかぁ。陰陽師はミョーな色気があってよかったですヨネ♪
細身の肢体と王子と重なるところ確かにあるし、
プロになったら是非お化粧つきでやってもらいたいかも(^o^)/

写真チョット増やしましたよん・・・
【2016/12/07】 | さこみん #1PZm9NyU | [edit]
アラベスクのカラーページ!
綺麗ですね~

常世長鳴鳥、読みましたよ!
話は救われないけど、着物見るのが楽しみでした。
前で結んだり、粋ですよね。

モデルになった写真、太陽に載ってましたね。
アールデコのランプも・・・
そして、例の市松さんもでしたね!

読みたくなってもしまいこんでしまってて・・・どこやったっけ?状態です。
でも絶対コワイから、それでいいかも?
【2016/12/07】 | モノ◆ミユ #gG9pNGfs | [edit]
モノ◆ミユ さま

市松さんの話も、確か主人公の女の子の叔母かの人形だったんでしたっけ。
一緒に葬られるハズが人形だけ残ってしまって。。。という展開?
結局主人公は助かるんでしたっけ?
「私の叔母なのになぜこんなことを?」
「霊になってしまうと身内とか関係なくなってしまうものなのだ」・・
みたいな会話が最後にあったような?
ブルブル。あとは忘れちゃった!
とにかく当時段ボールに入れて封印しようと思ったくらいなんだから、
よっぽど怖かったんだろうな。
これ以上思いださない方がいいかもですね。
考えたらいま夜だったんだ、トイレ行けるかしら~(^^;)

「常世・・」も報われない話でしたね~
後味が悪い話もけっこうあるので、「アラベスク」や「妖精王」などの
ハッピーエンドが何よりの救いですよね♡

楽しかったです、またまたありがとうございました~♪(*´▽`*)
【2016/12/07】 | さこみん #1PZm9NyU | [edit]
山岸涼子展が開催されているのは知っていたのですが、ま、いっかとスルーしておりました。。。
あ〜、でも、私もアラベスクや日出処〜は、めっちゃ愛読していたのでした。
弥生美術館は近くを通りかかっても入ったことはないので、会期中行けそうだったら行こうかなあ。

カメリアさんのお着物さらっとハロウィンのイメージを裏切ってカッコいいですね♪
ハロウィンというとオレンジや黒や紫だけど、ミント色は爽やかで和柄にコウモリなんて、憎いことしてくれますね。

ところで、アナスイコラボ暇、カメリアさんぽいような気がしています。
でも、パープルの髪色ということだから、さこみんさん、お迎えしちゃいます?
人気ありそうなので、店頭には並ばないかもしれないので、私は諦めの方向ですq(╯ᆺ╰๑)
【2016/12/08】 | すみれん #- | [edit]
すみれん さま

あ~やっぱりすみれんさんも読まれてましたか~(*^^*)
今わたしのバレエ知識はアラベスクとテレプシコーラが
元だと断言できるくらい、吸収しました!
もっともアラ・・は古い情報過ぎですけどネ。
でも子どもの頃刷り込まれたものは消えようがなく、
一つだけ海外で行きたいところがあればどこ?と聞かれたら
やっぱサンクトペテルブルク!と答えるかも(笑
ノンナの世渡りベタなところが私も似てて、そこに波長があった感じかな。

ミロノフ先生ってノンナに対して究極のツンデレですよね(*'ω'*)
最後に見せる穏やかな顔が何とも、ニクくてまいってしまう~

チェックイットアウトですヨ♪カメリアさんとよく似てるものね(^_-)-☆
お着物、コウモリ柄可愛いですよね!色の意外なところもとても気に入ってます。

アナスイさんはもうちょっとコレ!というのがあればなぁ・・・
今年の前半出てればきっと買ってたと思う・・・
だけどこれだけ増殖させちゃうと二の足ドンドン踏んじゃいますね。
あ~でも欲しい(^^;)

もし近くに行かれることがあれば、楽しめるかと思いますよ~
コメントありがとうございました(^^)/
【2016/12/08】 | さこみん #1PZm9NyU | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://sakosays.blog.fc2.com/tb.php/115-fbb333dc
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。