山岸凉子原画展

 2016-12-06
少女漫画の「アラベスク」は わたしにとってバイブル的存在です♡
その作者である山岸凉子先生の原画展が開かれているので行ってきました

もう10月の話ではあるんですが・・・備忘録として書いておこうと思います!





2016_10_15_002_convert_20161206001217.jpg
本郷の東京大学東側にある弥生美術館で開催されています

期間は12月25日までですね





2016_10_15_001_convert_20161206001142.jpg
館内で唯一の撮影スポット 「日出処の天子」厩戸王子まえにて





P1040397_convert_20161206172741.jpg
もうね今まで何回読んだ事か!
今までの常識を覆すような(?)聖徳太子の少年時代の物語ではあるけれど 
周りの登場人物がそれはとても魅力的で 半年に1回は読み返したくなるんですよ





P1040398_convert_20161206172807.jpg
「アラベスク」は1番最初に出会った作品で 当時小学生高学年でしたねー
とは言ってもリアルタイムではなく あとで単行本になってから読み始めたクチですが

まだソビエト連邦時代だったころのレニングラード(サンクトペテルブルク)
が舞台でした





IMG_5248_convert_20161207122408.jpg
ーアラベスク(第2部) 「花とゆめ」1975年17号ー

バレエ漫画なんだけどわたしはこれでいろいろな演目があることを知ったし
今みたいにサッとバレエ鑑賞できる環境ではなかったから
アタマの中の想像でこういう踊りなんだろうなぁ・・・ って思い浮かべながら
読み耽ってました!





IMG_5258_convert_20161209084439.jpg
ーアラベスク 「りぼん」1972年7月号ー

今なら劇場に足を運ばなくてもネットやDVDでいくらでも見られますしね♪
いい時代になったものです





P1040416_convert_20161206172908.jpg
あまり登場しないチェックイットアウト
やっぱり黒髪さんなのでお着物を着せると顔がイキイキするようですねー
10月に撮ったのでコウモリ柄のお着物を♪

こちらはBlue Little Birdさんで買わせていただきました
とても丁寧にお仕立てしてあり好きなショップさんなんですよ





2016_10_15_003_convert_20161206001302.jpg
弥生美術館で漫画の生原稿や挿し絵など 彩色豊かな原画を堪能したあとに
東大構内を通って西側へ向かいました
堂々の安田講堂が見えますね





2016_10_15_004_convert_20161206001343.jpg
趣ある校舎・・・歴史ある古い建造物はこれからも残り続けて欲しいです
中の設備は古くて大変だろうけど





2016_10_15_006_convert_20161206001404.jpg
緑が多くていいですよねー
終わりだとおもうけど 今ならイチョウの黄色がキレイかもしれませんね
もう散っちゃってるかな





2016_10_15_010_convert_20161206001444.jpg
正門前にある喫茶ルオーでお昼をいただきました





2016_10_15_007_convert_20161206001427.jpg
こちらの名物はセイロン風カレー
ほかにもハシゴしたいので小盛りで♡





2016_10_15_008_convert_20161206001507.jpg
ちょうどお客さんが切れたので外の眺めを・・・
落ちつく好きな場所です





P1040418_convert_20161206172930.jpg
山岸凉子さんの作風はちょっとクセがあり好きな方はハマってると思うんですが・・・
画集買っちゃいました♪

「わたしの人形はよい人形」などのホラーがかった作品は 本当に怖くて
うちには持ってこられず実家の段ボールに眠ったままになってるんですよ!
こう心臓に突き刺さる戦慄を覚えてしまって 十何年読んでません 

でも「アラベスク」「テレプシコーラ」などのバレエ漫画のように 
淡々としてるけど奥の深い人間描写などほんとうに上手くて
これからもたまに読み返したくなる作品ですね!

「テレプ・・」の六花ちゃんには多いにハラハラさせられたけど
<過緊張>の件(くだり)はなるほど!と参考になった部分もたくさんありました





IMG_5247_convert_20161207122331.jpg
ー常世長鳴鳥 「グレープフルーツ」1985年21号 扉ー





IMG_5249_convert_20161209081420.jpg
ー妖精王 「花とゆめ」1977年18号 扉ー





IMG_5268_convert_20161209091633.jpg
ー妖精王 「花とゆめ」1977年13号 扉ー





IMG_5262_convert_20161209090133.jpg
ークリスマス 「プリンセス」(秋田書店) 1976年1月号 扉ー

原画はなかなか見られるチャンスはないと思うので お近くで 
山岸先生がお好きな方はいかがでしょうかーー☆






✨ ✨ ✨ ✨ ✨ ✨ ✨ ✨ ✨ ✨ ✨ ✨ ✨



ご訪問下さり そして拍手・コメントもいただいて ありがとうございます!


本当に励みになります!! ペコリ




もう今年を振り返ったりして

 2015-12-09
ブライス沼にハマってはや11か月!
最初はみぎもひだりもわからない初心者でした~
浅瀬でパチャパチャ遊んでいるだけだったのが
いろいろなブログ見させていただいて 徐々に深みに・・・・

それからというもの 空いた時間にできる自分の趣味も 
いろいろな変化がありましたね

まず雑貨店と呼ばれるショップに行くペースが がくんと落ちたこと・・
お花を買ってリフレッシュね♪ なんてルンルンとした衝動が激減したこと・・
なけなしの庭でのガーデニングも熱が冷めてしまい 今年数本枯らしてしまったこと・・
カフェ巡りだって ぜーんぜん新規開拓していないし・・・





P1010712_convert_20151209003946.jpg
(チェケラ) ふ~ん じゃあ なにやってたの~?

・・・あなたたちのせいなんですからねっ (と声を大にして言いたい)

値は張らないけどこだわって買ったうつわなどは プチプチにくるまれ戸棚の中へ
代わりにあたまの大きなお嬢さんたちが鎮座しちゃっていたりして・・・

しかし 当たり前のことですが本当にこう思うのです
こんな好きなことできるのも 家族が元気でいてくれているからだな と
今まで義父母 父と見送りましたが あの頃はとても自分どころではなかったですもん





P1010704_convert_20151209003854.jpg
こちらのチェックイットアウト イラスト発表が7月 最終が8月・・・
その頃世間では こんがりと焼けた素肌がまぶしいチェリービーチサンセットの
話題で持ちきりでしたね~
うちにはスターダンサーがいたので スタダンで充分!とポチらなかったのですが

そのうちみなさんのチェリーを見て何度後悔したことか
プレ値につい手をだしそうになりましたが 正規に買えていればこの値段ではない
と思いとどまりました
(過去っ子ならあきらめつくんですけどね)





P1010703_convert_20151209003835.jpg
しかし買いそびれたわたしは手持ち無沙汰・・
でチェケラの発表があったわけで 黒髪?いいね!と飛びついたわけです

その頃マイメロも騒がれていましたよね~
色髪好きなのでかなり後ろ髪を引かれたのですが シャルロットがいるからとスルー
だけどやっぱりみなさんのマイメロ見て なんてフクザツな紫がかったピンクなの?!
うちにいたらなぁ・・・・・とプレ値・・・(以下省略します)
結局買えませんでした





P1010705_convert_20151209003911.jpg
うちのチェケラさん・・・・
斜めっていた前髪を切ろうとハサミを持ったら チャキチャキの感触が心地よくて!
気がついたら おさるさん M字な前髪になっていたりして・・・

そんなことがもう9月の出来事だったなんて 思わず遠い目になってしまうではないですか





P1010708_convert_20151209003928.jpg
(チェケラ) 遠い目って 遠視のこと~?

・・ちがうよ~
今年を振り返ってみたの
あなたたちに振り回された1年だったかなって!
でも好きな事できてとても早かったよ?

いったい来年はどのくらい仲間が増えるんでしょう~~~(恐怖)
有無を言わず欲しい!って思えるブラちゃん発売してくれるといいな
でも立て続けだとこちらが参ってしまいますけどね!






✨ ✨ ✨ ✨ ✨ ✨ ✨ ✨ ✨ ✨ ✨ ✨ ✨



いつもご訪問くださったり 拍手&コメントありがとうございます!


とても嬉しいです!! ペコリ



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫